そうか、その視点があったのか。
Delicately, but with boldness.

 KTS法律事務所(KTS)は、民事紛争、行政紛争、刑事紛争での豊富な紛争解決の実務経験をベースに、紛争解決の専門家として、企業、公的機関、経営者の皆様方に、企業法務全般に関する法律業務を提供しています。特に、特許法、著作権法、商標法、意匠法、不正競争防止法等の知的財産法の分野では、技術、文化、国などの様々な接点が絡む最先端の問題に挑戦し続けています。

 深く幅広い実務経験を持つ弁護士が、少人数で、機敏に、異なる経験や価値観をもって、徹底した密な合議を重ねること。それを通じて、皆様方に「そうか、その視点があったのか」と得心いただくこと。KTSの「S(=サステナブル)」にはそのような想いを込めています。

 私たちは、皆様方と一緒に、次代をも見据えた最適解を、繊細にして大胆に探求して参ります。